企業姿勢

患者さんの、よりよい明日のために。

日本の患者さんの「満たされない願い」に応えていくことが、私たちの使命です。

バイエルはドイツで創業して150年以上、日本のバイエルも創業以来100年を超える歴史があります。その間、私たちは数多くの革新的な治療薬や診断薬を開発し、イノベーションへの投資を続けてきました。特に日本はバイエルにとって重要な市場と位置付けられ、研究開発の成果を日本の医療現場にできる限り早くお届けしてきました。今後も、私たちのイノベーションの歩みは止むことがありません。これからも患者さんとそのご家族の「満たされない願い」に応えるため、革新的な新薬をいち早くお届けすることが私たちの使命です。医薬品の開発を通じて人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献していきます。

また、患者さんに最適な治療が行われるためには、医療の現場に適切な情報が提供されなければなりません。バイエル薬品のMR(医薬情報担当者)は、医師の治療方針決定に必要な学術・安全性情報を迅速かつ的確に伝えることに尽力しています。私たちのミッションであるScience for a better lifeは、世界中のバイエル社員の心に刻まれています。一人でも多くの患者さんに検査や治療に前向きに取り組んでいただけるように、これからも全力で努めていきます。

「世界のバイエル」の研究開発の成果をいち早く日本にお届けします。

バイエル薬品は、バイエルが研究開発する治療薬や診断薬を日本の医療現場にいち早く届けることを第一の使命として、国際共同治験へ積極的に参加しています。さらには日本の患者さんにより最適な製品を迅速に提供するため、日本独自の臨床試験を実施することが最善と判断される場合には、グローバルの開発戦略を日本に適合させて進める場合もあります。経口抗凝固剤「イグザレルト錠」の開発では、日本人のための最適な用量を設定した日本単独試験を実施し、製造販売承認を取得しています。

医療は進んでいますが、依然満たされない医療ニーズは存在し、また、社会の高齢化や多様化に伴い、新たなニーズも生まれています。バイエル薬品は、バイエルの研究開発成果をもとに日本の医療現場へ革新的なソリューションを提供し、引き続き患者さんのより良い暮らしを実現するための開発を続けていきます。

バイエルの原点「アスピリン」

患者さんを苦しみから解放したい、
その願いは今も変わりません。

世界で最もよく知られた解熱鎮痛薬である「アスピリン」。その生みの親であるフェリックス・ホフマンは、関節リウマチに苦しむ父から、嘔吐の副作用を取り除いてあげたい一心で、この薬を開発しました。「アスピリン」は、Science For A Better Lifeの象徴といえます。


  • 人類初の月面着陸を達成したアポロ11号

    人類初の月面着陸を達成したアポロ11号にも搭載されました。

  • バイエルの本社が巨大なアスピリンパッケージに変身

    1999年3月、ドイツでの登録商標100周年を祝って、バイエルの本社が巨大なアスピリンパッケージに変身しました。

革新性を支える研究開発のグローバルネットワークとオープンイノベーションの推進

革新性を支える、研究開発のグローバルネットワーク。

バイエルの治療薬や診断薬におけるイノベーションを支えているのは、世界中の研究開発拠点を結んだグローバルネットワーク。ヘルスケア事業に携わる社員の膨大な英知を結集させることにより、革新的な研究開発を可能にしています。バイエルが注力している各疾患領域には、豊富な開発パイプラインがあります。

また、社外のアイディアや技術を積極的に活用していくオープンイノベーションを推進しています。その一環として、アカデミアと協力して新しい創薬ターゲットを見つける研究連携を積極的に進めています。スタートアップ企業の支援やネットワークの構築を目的としたインキュベーション施設である「CoLaborator Kobe」を開設し、日本におけるイノベーションエコシステムの醸成、ならびに革新的な技術やシーズの創出に貢献しています。

人を大切にし、社会に貢献する企業として

患者さんたちや医療現場の期待に応えるというバイエル薬品の使命は「人」なくしては達成できません。バイエル薬品は、これまでも、そしてこれからも、人と地域を大切にする企業でありたいと考えます。

企業を支える「人」を育て多様な個性・能力を発揮できるように

バイエル薬品は、高い専門性を備えた人材の育成に力を注ぐことで、医療の発展に貢献しています。社員教育では、個人の持っている能力や知性、人間性を高めるための独自の教育・研修プログラムを導入。また、人材の多様性を認め、仕事と生活の調和を尊重して、出産・子育てや家族介護への支援を行うなど、社員とその家族の要望に応えられる人事制度を整備しています。

風通しが良くコミュニケーションしやすい企業文化

社員同士が強い信頼関係を築けるように、バイエル薬品では企業内の活発なコミュニケーションを推進しています。さまざまな交流の企画により、国の文化や階層、部門、拠点などの違いを越えて、企業内の対話が活性化し、全社的な協力関係が生まれています。こうした企業風土こそが、患者さんの視点に立った新たなアイデアや発見をもたらし、バイエル薬品の成長を促す力を生み出していきます。

あわせて読みたい:

  • 研究開発

    安全で有効な薬剤を一日も早く届けるための取り組みをご紹介

  • 生産・品質

    徹底した品質管理のもと、患者さんから信頼され安心して服用していただける製品づくりを目指しています