事業部紹介

バイエル薬品は、医療用医薬品事業、コンシューマーヘルス事業、動物用薬品事業(コンパニオンアニマルおよび畜産用薬品)から構成されています。

医療用医薬品

医療用医薬品部門では、循環器領域、腫瘍・血液領域、ウィメンズヘルスケア領域、眼科領域、画像診断領域に注力しています。
循環器領域事業部では、不整脈の一種である心房細動における脳卒中の発症を抑える経口抗凝固剤をはじめ、高血圧、脂質異常症などの循環器疾患治療薬を提供。また、高リン血症を改善する治療薬や、難病である多発性硬化症に対する治療薬を通じて患者さんのQOL(生活の質)向上に貢献しています。
腫瘍・血液領域事業部では、抗悪性腫瘍剤、遺伝子組換え型血液凝固第VIII因子製剤など、がんや血友病に注力し、専門性を要する疾患領域での治療をサポートしています。
ウィメンズヘルス&エスタブリッシュトプロダクツ事業部では、月経困難症治療剤、低用量経口避妊剤など、さまざまなライフステージに応じた女性のQOL向上を支える医薬品のほか、自社MRを介さないエスタブリッシュ製品のマーケティング活動や管理を行っています。
眼科領域事業部では、欧米や日本で増加している滲出型加齢黄斑変性などの網膜疾患の治療薬で患者さんの視力を守り、質の高い日常生活の継続をサポートしています。
ラジオロジー事業部では、X線やコンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像(MRI)、超音波診断(US)といった画像診断のための造影剤や自動注入器、関連付属品など、多様な製品群を提供し、また医療情報システムにも注力しています。

コンシューマーヘルス

コンシューマーヘルス部門では、生誕110年以上の解熱鎮痛薬「バイエルアスピリン」をはじめ、外用合成副腎皮質ホルモン剤と痔疾用剤からなる皮膚科領域の薬剤を通じて、人々のQOL向上に努めています。

動物用薬品

動物用薬品事業部では、動物用医薬品の提供を中心にコンパニオンアニマルおよび畜産動物のヘルスケアに貢献。幅広い高品質な製品群により人と動物の「健康で快適な暮らし」をサポートしています。

あわせて読みたい:

  • 研究開発

    安全で有効な薬剤を一日も早く届けるための取り組みをご紹介

  • 生産・品質

    徹底した品質管理のもと、患者さんから信頼され安心して服用していただける製品づくりを目指しています